【函館記念】追ってひと言

[ 2018年7月12日 05:30 ]

 ▼エアアンセム(吉村師)1週前にしっかりやっているので、息を整える程度。暑さが苦手なので函館の気候はいい。

 ▼エテルナミノル(本田師)愛知杯(1着)のようにゲートさえ決まればやれる。

 ▼カレンラストショー(五十嵐助手)凄く体調はいい。滞在競馬は合う。

 ▼クラウンディバイダ(斎藤誠師)中1週が続くローテーション。芝でサッとやった。動きはいい。

 ▼ゴールドサーベラス(柴山)初めて攻め馬に乗ったので比較できないが具合は良さそう。時計のかかる決着が望み。

 ▼スズカデヴィアス(橋田師)今年の夏は涼しい函館記念に、と早くから決めていた。

 ▼トリコロールブルー(藤本助手)先週の時点で既に仕上がっているので、今日は気分良く走らせてしまいだけ。

 ▼ナスノセイカン(田子助手)巴賞は道悪がこたえた感じ。距離延長で前で運べれば。

 ▼ブレスジャーニー(中井)休み明けを使ったことで競馬に必要な筋肉が付いてきた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年7月12日のニュース