最強牝馬ウィンクスは次走冠レースへ!ウォーラー師が明かす

[ 2018年7月11日 05:30 ]

 オーストラリアで25連勝中の最強牝馬ウィンクス(牝6)を管理するウォーラー師が、参加中のセレクトセールで同馬の次走が、G1の「ウィンクスS(8月18日)」に決まったと明かした。同レースは昨年までG2のワーウィックSとして施行されていたが、歴史的快挙を続ける同馬に敬意を表してレース名が変更された。自身の名を冠した始動戦で、ブラックキャビア超えの26連勝に挑むことになる。同師は日本のセレクトセールを満喫した様子で「想像していたより素晴らしい馬が多くて驚いている。そして想像の5倍くらい馬が高いね」と話していた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2018年7月11日のニュース