PR:

【宝塚記念】和田とオペラオーつないだ4番枠 涙の苦労人に祝福の拍手止まず

<阪神11R・宝塚記念>宝塚記念を制したミッキーロケットと和田竜二騎手(左)(撮影・田中 健作)
Photo By スポニチ

 上半期の競馬を締めくくる春のグランプリ「第59回宝塚記念」(G1、芝2200メートル)が24日、阪神競馬場の第11Rで行われ、和田竜二騎手騎乗の7番人気ミッキーロケット(牡5=音無厩舎)がG1初制覇。和田は2001年の天皇賞・春(テイエムオペラオー)以来、17年ぶりのG1制覇となった。

 17年前の宝塚記念、和田はG1・6連勝中の絶対王者オペラオーとともに参戦。単勝オッズ1・5倍に推されながらもライバルのメイショウドトウに敗れ2着。1度連勝がストップするとそれ以降、オペラオーは引退まで、和田は17年間G1を勝つことができなかった。

 今年5月17日にオペラオーは心臓まひで急死。昨年、キタサンブラックに抜かれるまで国内獲得賞金1位の座を守り続けたスーパーホースの死に、各競馬場、ウインズで受け付けられていた追悼の記帳数は、計1万1540件に及んだ。

 17年前の宝塚記念と同じ4番枠からのスタート。「オペラオーが背中を押してくれたと思います」「勝ってオペラオーに会いたかったけど…。やっと胸を張って報告ができると思います」。涙する苦労人に6万人超の大観衆からは大きな祝福の拍手と歓声が送られていた。

[ 2018年6月24日 16:46 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:07月16日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース