PR:

【宝塚記念】大波乱…ミッキーロケット7度目挑戦でG1初制覇!和田は17年ぶり悲願

<阪神競馬11R 宝塚記念>ワーザー(手前)にクビ差で勝利したミッキーロケット(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 上半期の競馬を締めくくる春のグランプリ「第59回宝塚記念」(G1、芝2200メートル)が24日、阪神競馬場の第11Rで行われ、和田竜二騎手騎乗の7番人気ミッキーロケット(牡5=音無厩舎)が優勝。悲願のG1初勝利を挙げた。

 中団から競馬を進めたミッキーロケット。直線では内を突いて抜け出すと、外から猛追する香港からの刺客ワーザーとの一騎打ちを制した。首差の2着には10番人気ワーザー、さらに3馬身差の3着には12番人気のノーブルマーズが入る大波乱の決着となった。勝ちタイムは2分11秒6(やや重)。

 勝ったミッキーロケットは父キングカメハメハ、母マネーキャントバイミーラヴという血統。3歳秋に神戸新聞杯で2着に入るなど台頭すると、4歳初戦となった日経新春杯で重賞初制覇。その後は勝利から遠ざかっていたが、7度目のG1挑戦でついにタイトルをつかんだ。通算戦績は22戦5勝。

 鞍上の和田は01年の天皇賞・春(テイエムオペラオー)以来、17年ぶりのG1制覇で通算8勝目。管理する音無師は中央G1通算9勝目で今年は初勝利。

 昨年の年度代表馬キタサンブラックが引退し、王者不在となった古馬王道戦線。出走馬中6頭がG1初挑戦という混迷のグランプリをミッキーロケットが制し、新王者へ名乗りを挙げた。

[ 2018年6月24日 15:40 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:09月24日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース