【ユニコーンS】菜七子 ダート重賞初挑戦 好スタートも11着

[ 2018年6月18日 05:30 ]

<ユニコーンS>11着に終わったミックベンハーと藤田菜七子(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 2日連続Vの勢いで自身初挑戦となるダート重賞の「ユニコーンS」(G3)に、14番人気ミックベンハーで臨んだ菜七子。大外8枠16番から好スタートを決め、中団から勝負を懸けたが、11着に終わった。「物見をして進んでいかなかった。思ったよりも後ろの位置になってしまった」と菜七子。デビュー当初から管理馬を託している畠山師は「馬が若いところを見せてしまった。(菜七子は)どんどん技術が向上していますね。今までの女性騎手とは間違いなく違う」と話した。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2018年6月18日のニュース