【ユニコーンS】ルヴァン レコード更新V!ミルコも大絶賛

[ 2018年6月18日 05:30 ]

<ユニコーンS>3馬身以上の差をつけて圧勝したルヴァンスレーヴ(右端)(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 3歳ダート重賞「第23回ユニコーンS」が17日、東京競馬場で行われ、2歳ダート王が改めて力を見せつけた。ルヴァンスレーヴが従来のレースレコードを0秒1更新して圧勝。中団の後ろから馬なりで4角5番手まで進出すると、直線は気合つけのステッキ2発のみ。ゴール前は再び馬なりで突き放した。「ずっと手応えが良くて素晴らしい馬」と絶賛のM・デムーロ。「元々スタートは遅いけど二の脚は速く、いいところにつけた。勝つという気持ちが大きい馬」と褒め称えた。次走は交流G1ジャパンダートダービー(7月11日、大井2000メートル)が目標。萩原師は「距離は延びても大丈夫だと思う」と話した。

 ◆ルヴァンスレーヴ 父シンボリクリスエス 母マエストラーレ(母の父ネオユニヴァース)牡3歳 美浦・萩原厩舎所属 馬主・G1レーシング 生産者・北海道白老町社台コーポレーション白老ファーム 戦績5戦4勝(うち地方1戦1勝) 総獲得賞金9508万4000円(うち地方3500万円)。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2018年6月18日のニュース