【ユニコーンS】ミスターX パイレーツ期待、東京ダート無敗

[ 2018年6月17日 05:30 ]

 東京11R・ユニコーンSはトキノパイレーツを狙いたい。ダートは2戦2勝と無敗。しかもともに東京ダート1600メートルでの勝利とこの舞台がピッタリなのだが、持ち時計が地味なのと一線級とは未対戦をいうことでそれほど人気にはならない。土曜の競馬終了時点で単勝60倍の13番人気タイと完全に伏兵扱いだ。

 確かに一線級との力関係は未知だが、2勝とも2番手から抜け出す横綱相撲で全く底を見せておらず、時計は確実に縮められる。そして芝でこれまで戦ってきた相手を見れば、2走前の勝ち馬ギベオンはのちのG1・NHKマイルCで2着になった力量馬。そのギベオンに食い下がって0秒8差なら十分に上のクラスでやれる。ダートの一線級は未経験でも、芝の一線級とはすでに対戦済み。重賞のペースに戸惑うようなことはなく、人気の盲点として十分に狙える。馬連で(4)から(5)(7)(8)(14)へ。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2018年6月17日のニュース