【鳴尾記念】トリオンフ、半馬身差2着 ルメール納得顔

[ 2018年6月3日 05:30 ]

 1番人気トリオンフは道中、先行集団を視界に入れながら3、4コーナーで外を回ってロングスパート。ラスト1Fの追い比べで内を突いたストロングタイタンに半馬身差をつけられたが2着は楽に確保した。ルメールは「よく伸びてくれたし、ほぼ完璧な競馬はできました。時計が速くてラスト100メートルで疲れてしまったけど仕方ない。精いっぱい走ってくれました」と納得の表情。宝塚記念(24日、阪神)登録に関して須貝師は「状態を見ながら」と話すにとどめた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2018年6月3日のニュース