【日本ダービー】伸び欠きダノンプレミアム6着

[ 2018年5月27日 17:08 ]

 4連勝中の2歳王者に初めて土が付いた。1番人気に支持されたダノンプレミアムは6着。道中は逃げたエポカドーロ、続いたジェネラーレウーノを前に見ながら3番手の内で運んだ。だが、直線に入っても伸び切れず、前団に流れ込んでフィニッシュした。騎乗した川田は「弥生賞の時と比べて精神面で我慢してくれた。馬の具合は良かった。2400メートルでもずっと我慢して走っていた。馬はめいっぱい走ってくれた」。右前挫石で皐月賞を回避してダービーに挑んだが、本来の力は出し切れなかった。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年5月27日のニュース