【日本ダービー】(8)ブラストワンピース 少し太めは体調の良さの表れか

[ 2018年5月27日 05:30 ]

3戦無敗で大舞台に挑戦するブラストワンピース
Photo By スポニチ

 3戦無敗で大一番に臨むブラストワンピース。最終調整は南D(ダート)コースでキャンターを1周半。大きく伸びやかなフットワークで流した。「調教をしっかりやっているので気合乗りが凄い」。コース全体を見渡せる坂路タワーのデッキから動きを確認した大竹師。確信に満ちた表情で続けた。「少し気負っている面もあるので、ゆっくり長めに乗った。いいガス抜きになったはず。あとはこの気合を競馬でだけ発揮してほしい」

 事前発表の計量は539キロ。金曜までは「少し太い」と繰り返した師だが、改めて馬体を確認し「トモ(後肢)のボリュームが増したし、見た目の太め感はない。体調の良さが数字に表れているのかも」とプラスに解釈。西の無敗馬ダノンプレミアムと上位人気を分け合う状況。「あとは馬を信じるだけ」。悔いのない仕上げでゲートインを待つ。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2018年5月27日のニュース