オークス2着リリーノーブルが骨折 藤岡師「秋はローズSから秋華賞」

[ 2018年5月23日 14:57 ]

<オークス>2着に入り、引き揚げるリリーノーブル(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 オークス2着のリリーノーブル(牝3=藤岡)に右前第一指骨の剥離骨折が判明し、全治3か月以上と診断された。

 22日にノーザンファームしがらきに放牧に出ており、「極々軽いもので、秋競馬には間に合います」と藤岡師。秋はローズS(9月16日、阪神)から秋華賞(10月14日、京都)のローテを予定している。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2018年5月23日のニュース