【日本ダービー】コマンドール、手をガブリ!“反抗期”みたい

[ 2018年5月22日 05:30 ]

「DMMバヌーシー」事業統括 野本巧氏インタビュー

夢の舞台へ熱く語る野本氏
Photo By スポニチ

 【取材後記】野本氏が取材中に、「ここ、見てくださいよ」と手を差し出してきた。視線を移すと、手のひらがうっすらと赤くなっている。「キタノコマンドールに噛(か)まれたんです。それまでは“ヨシヨシ”とさわれる馬だったんですが、今は思春期の男の子が“うるせーよ”と言っている感じ。決して気性が悪くなったわけではなく、闘争心のようなものが芽生えている」。そう語る野本氏は、息子の反抗期を見守る親のようだった。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2018年5月22日のニュース