【西武園】東口 近畿勢唯一の決勝進出、単騎で一発狙う!

[ 2018年5月18日 05:30 ]

 準決10Rで3着に入り決勝に進んだ東口善朋だが、薄氷を踏むような内容。前を任せた高久保がバックで内に詰まって仕掛けられず、やむなく自力に転じて大外をまくる。最後は執念の伸びで4着伊藤と微差の接戦を制した。「先行していた伊藤君の掛かりが良かったし、ダメ元で仕掛けた。普段から自力を出しているわけじゃないし、(先行有利の)西武園でよく届いたと思う」と振り返った。決勝では近畿1人。メンバー表をじっと見つめると「単騎で自分でやる」。好位キープからこん身のまくりで一発を狙う。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2018年5月18日のニュース