【オークス】オハナ B効果で一変!軽快にラスト12秒8

[ 2018年5月18日 05:30 ]

<オークス>単走で追い切るオハナ
Photo By スポニチ

 前走のフローラS14着から巻き返しに燃えるオハナは、オークス出走18頭で唯一の木曜追いを敢行した。Wコースで単走。軽快なフットワークで小柄な馬体を弾ませる。馬なりでラスト1Fは12秒8。1週前追い切りはチークピーシーズを着けたが反応が鈍く、今週はブリンカーを着用。これが効果てきめんだった。「しっかり集中してハミを取って走っていました。ブリンカーが効果的。動きが良かった。レースでも着けます」。一変した脚さばきを見届けた森助手は合格点を与えた。

 3番人気に推された前走は不完全燃焼。ディープ産駒自慢の切れ味を発揮することなく大敗した。同助手は「状態がいい中で出走させて最後は(レースを)やめるような形。力を出し切っていない。体よりも気持ちの面だと思う」と精神面を敗因に挙げる。「中間もその点を重点的に調教しました」。視界の制限で集中力は格段にアップ。陣営の努力は本番で花開く。400メートルの距離延長は「距離が延びて引っ掛かるようなタイプではない。前走のような負け方はしないと思う」と森助手は問題なしと言い切る。大逆転を演じる準備は整った。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2018年5月18日のニュース