日本競輪学校、報奨金制度を新設

[ 2018年5月11日 05:30 ]

 JKAは10日、日本競輪学校(静岡県伊豆市)において報奨金制度を新設すると発表した。9日に入学した第115回(男子)、116回(女子)生徒から適用する。年5回行われる記録会において基準以上のタイムを出せば20万円(評価Aの上、帽色金、通称ゴールデンキャップ)、または10万円(評価Aの下、帽色白)が支給される。年間全て「評価Aの上」なら20万円×5回に、ボーナス100万円が加わり、合計200万円を獲得できる。ただ、ゴールデンキャップを複数回獲得したのは過去に小林優香(24=福岡、3度)のみ。ゴールデンキャップは、7月にデビューする日野未来(25=奈良)が昨年7月の記録会でマークして以降、出ていない。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2018年5月11日のニュース