【福島牝馬S】エンカ、坂路で余力たっぷり 単走しまい重点

[ 2018年4月19日 05:30 ]

坂路調教するカワキタエンカ
Photo By スポニチ

 土曜福島メイン「第15回福島牝馬S」の追い切りが東西トレセンで行われた。前走・中山牝馬Sを逃げ切って重賞初制覇を飾ったカワキタエンカ(牝4=浜田)は再遠征で福島へ。追い切りは坂路単走しまい重点。余力たっぷりに4F57秒8〜1F12秒8で駆け上がった。樋口助手は「動きはいいし、状態に関して不安な点はないですよ。乗っていて難しさはあるけど動きの速さは凄い」と好感触。「ここも落ち着きが鍵になるけど、おそらく大丈夫」と力を込めた。

続きを表示

「砂の王者決定戦 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典(G3)」特集記事

2018年4月19日のニュース