【高松宮記念】ドンキ今年も2着…岩田「仕掛け早かったかな」

[ 2018年3月26日 05:30 ]

<高松宮記念>ファインニードル(手前)に差され2着に終わったレッツゴードンキ(右)
Photo By スポニチ

 3番人気レッツゴードンキは昨年に続く銀メダル。序盤は激しい先行勢の一列後ろを追走。内々でロスのない立ち回りから、満を持して直線半ばでスパート。逃げ粘るセイウンコウセイを坂上で捉えると、馬場が良好な内から5頭目の“Vロード”を猛進。タイトルに手を掛けたところで、勝ち馬の強襲に鼻差敗れた。岩田は「状態が物凄く良かった。いい形で運べたんだけど…。結果論だが仕掛けるのが少し早かったのかな。よく走ってくれたし、力は出してくれた」と愛馬をねぎらった。

 梅田師は「ジョッキーも道中はいい所を通ってくれた。悔しいね」と言葉を振り絞るように回顧。今後は来月29日のチェアマンズスプリントプライズでの香港再遠征が視野に入る。「香港を含め、今後はオーナーと相談」と見通しを語った。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年3月26日のニュース