【日経賞】キセキ弾む走り!楽な手応えで1F11秒5

[ 2018年3月22日 05:30 ]

 土曜中山で行われる「第66回日経賞」の追い切りで、弾むようなフットワークを見せたキセキ(牡4=角居)。昨年12月の香港ヴァーズ9着以来の菊花賞馬はポリトラック単走で最終追い切りを消化。楽な手応えで6F83秒3〜1F11秒5を刻んだ。辻野助手が仕上がりの良さを伝える。

 「先週ジョッキー(ルメール)に乗ってもらって馬はできているので、今朝はサッと。追い切り本数を積んで順調に上向き。中身はできていると思います」

 香港から帰国し放牧で英気を養って帰ってきた。さらなる飛躍を期す今季の始動戦で弾みをつける。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2018年3月22日のニュース