【高松宮記念】水野師 G1で初対決!愛弟子・武藤へエール

[ 2018年3月22日 05:30 ]

ラインミーティアを管理する水野師
Photo By スポニチ

 高松宮記念にラインミーティアを出走させる水野師は、自身もG1初制覇が懸かるだけに今回は愛弟子・武藤とはライバル関係。そのミーティアは武藤を背に最終追いで仕上げられた(レースは西田)。水野師は決して前を譲る気はないが、そうはいっても弟子を語る目は温かい。「以前は引いて位置取りが悪くなることが多かったのが今はスタートも良くなり、全体的にうまくなってきた。G1の舞台は、今は大丈夫でもいざとなったら緊張するかもしれない。そういうことも含めて全てをいい経験にしてほしい」とエールを送る。

 ただ、弟子の成長を認めつつも師のお許しが出ないことがある。それはデビュー以来変わらぬ丸刈り頭。そろそろ卒業できそうかと記者が問うと「まだまだ!」と水野師はキッパリ。「結果も出てきていい馬が回ってきている。こういうときこそしっかり引き締めないと」。厳しくも温かい師匠が武藤の成長を支えている。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年3月22日のニュース