【高松宮記念】やんちゃ面消えた!ドンキ90点、大人のゆとり

[ 2018年3月20日 05:30 ]

以前のやんちゃ面が消えて大人になったレッツゴードンキの立ち姿
Photo By スポニチ

 おてんば娘から淑女へ。レッツゴードンキの奇麗な四肢からは気性の成長が読み取れます。昨年の高松宮記念時は四肢の随所に擦り傷の痕がありました。調教中にできる傷ではありません。おそらく馬房の中で暴れたのでしょう。ところが、今回はその四肢に傷痕がほとんどありません。顔を見れば、以前のやんちゃ面が消えて、ゆとりさえ感じられる。大人になりました。奇麗な四肢はしっかり台地を踏みしめ、馬体にも十分な張りがあります。

 ただし、昨年の高松宮記念時よりも冬毛が伸びているのはどうしたことか。冬毛は馬自身が寒さを感じ、新陳代謝を鈍らせると伸びてくることが多い。首と前腕に残っている冬毛が少々気になります。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年3月20日のニュース