ジェンティル妹、鮮烈デビュー 石坂正師「届かないようなところから届いた」

[ 2018年3月17日 14:24 ]

 17日の阪神3R・3歳未勝利戦(芝1800メートル)でジェンティルドンナの妹が鮮烈デビューを飾った。

 既走馬を相手にデビューした2番人気のヴィルトゥース(石坂正、父ディープインパクト)は最終4コーナ後方から差し切り、ラストは流す余裕。

 石坂正師は「届かないようなところから届いた。さすが血統馬だな」とベタ褒め。馬体重が398キロの軽量級とあって、「小さくてこの時期のデビューになった。(目指す先は)春うんぬんじゃない。春はもう一回使うくらい」と見通しを語った。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年3月17日のニュース