PR:

【阪神大賞典】クロニクルで“苦い記憶”上書き

 【東西ドキュメント・栗東=13日】良くも悪くも、阪神大賞典といえば「12年」を思い出すファンが多いだろう。単勝1・1倍の圧倒的1番人気に推された前年の3冠馬オルフェーヴルは、2周目3角で外ラチ近くまで逸走。後方まで下がったが、驚異的な盛り返しで2着。そのヤンチャぶりを世に知らしめるレースとなった。

 あれから6年、オルフェ担当の森沢助手が、阪神大賞典にサトノクロニクルを送り込む。岡崎が「阪神大賞典はあの時以来ですか?」と少々意地悪な質問をすると、少し間を置いてから、「このレースは鬼門ですね」と苦笑い。「僕は負けたレースは見ないんですが、特にあのレースは一回も見ていないです」と口にした。

 オルフェと違い、森沢さんは照れ屋で寡黙な職人気質だ。クロニクルに対しても「まだ素質だけで走っているし、本格化するのは秋以降でしょうね。それでもある程度はやれるはずですよ」と冷静にジャッジする。苦い記憶をクロニクルで上書きできるか。願わくば何度も見直せるレースになってほしいものだ。 阪神大賞典

[ 2018年3月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:06月21日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース