【金鯱賞】ダイヤ復帰戦上々の3着!ルメール「次は良くなる」

[ 2018年3月12日 05:30 ]

<金鯱賞>3着でレースを終え、引き揚げるサトノダイヤモンドとC・ルメール
Photo By スポニチ

 復帰戦3着だったサトノダイヤモンドだが、鞍上のルメールは驚くほど上機嫌。開口一番に飛び出したのがこの言葉だった。

 「うれしい。リアルダイヤモンドが帰ってきたよ」

 道中は中団をリズム良く追走。4コーナーから直線に向かうと早めに動いたダッシングブレイズを大外から反応鋭く捉え、さらに突き進む。さすがに先行2騎を脅かすまではいかなかったが、完全復活を思わせる末脚を見せた。

 「休み明けの分、反応が良くなかったけど、ラスト150メートルから伸びてくれた。次は良くなる。パワーアップすると思う」

 凱旋門賞の大敗が影を落とす帰国初戦。気持ちの面での課題もクリアした。池江師も「思ったより頑張った。底力だと思う。今日は見た目も良かったからね」と話した。

 春の目標大阪杯はルメールがドバイに遠征するため鞍上は未定だが、3歳で有馬記念を制した次世代王者が本来の輝きを放ち始めた。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2018年3月12日のニュース