【オーシャンS】傾向と対策

[ 2018年3月3日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆前走 優勝馬10頭中9頭が前走で4着以内。ただ前走が5着以下でもJRA・G1で4着以内があれば3着内率28・6%。

 ☆ステップ 過去10年の出走馬延べ160頭中57頭が同年シルクロードS組だが、3着内率は10・5%と不振。ラピスラズリS組が3勝でトップ。

 ☆人気 1番人気は1勝と不安定。3番人気が【3・1・0・6】と活躍。

 ☆年齢 中心は5勝の5歳だが、連対数の6は6歳も同じ。次点で【2・2・0・21】の7歳か。

 ☆コース実績 過去5年の連対馬10頭中8頭が中山6Fの芝レース(準オープン以上)で3着内の実績あり。

 結論 ◎アルティマブラッド ○ネロ ▲ナックビーナス

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年3月3日のニュース