【寺下の変 特別編】3日中山10R ハイランドピークの逃げ推し

[ 2018年3月3日 08:00 ]

 先週日曜に推奨したタイセイラナキラ(中山12R)は2着(7番人気)に逃げ粘るも、勝負馬券の馬連は痛恨の相手抜け…。押さえの複勝4・6倍では、満足できるはずもない。今日はきっちり、仕留めよう。

 中山10Rは◎ハイランドピークに逆らえない。逃げた前走は後続に10馬身差の大楽勝。当舞台のV時計1分51秒9(やや重)は、“準オープン以上”のクラスでしかお目にかかれない破格のタイムだ。

 13年以降、当舞台の「良〜やや重」で1分52秒0を切ったレースは、推奨馬の前走以外で7回のみ(そのクラスは準オープン2回、オープン4回)。前走の時計だけ走れば、昇級戦でも即通用する。振り返れば、当舞台の未勝利も8馬身差の逃げ切りV。マイペースに持ち込めば再び、圧倒するシーンもありそうだ。



 勝負馬券は単勝と、馬単流しで相手は○パルトネルラーフ、▲ロードシャリオ、☆メイスンウォー、以下△ネイビーブルー、ナンヨープルートー、クラウンシャイン、メイプルレインボーの7頭へ。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年3月3日のニュース