【中山記念】サクラアンプルール、楽々と2馬身差

[ 2018年2月22日 05:30 ]

併せで追い切るサクラアンプルール(左)
Photo By スポニチ

 サクラアンプルールはWコースでサンクトゥスレーン(3歳未勝利)と併せ馬。3馬身追走し直線内から馬なりでかわすと、楽々と2馬身突き放した。「相手が未勝利だったから相対的に良く見える」と金成師の第一声は控えめも、「先週ビッシリやって予定通り」と順調さを伝えた。「今は体が固まって、以前のようにカイバ食いが落ちなくなった」。成長を感じながら、大きな不利を受けた有馬記念のリベンジに向かう。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年2月22日のニュース