【根岸S】ノボバカラ、最下位リベンジ

[ 2018年1月24日 05:30 ]

 昨年の根岸Sはまさかの最下位に敗れたノボバカラ。天間師は「昨年は(ゲートで)トモを滑らせて競馬にならなかった。(前走カペラS8着の)1200メートルよりも1400メートルの方が合うし、自分のペースで走れば強い」と雪辱を期す。昨秋の交流G1南部杯(1600メートル)でも2着した実力馬だけに目が離せない。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2018年1月24日のニュース