PR:

【AJC杯】7歳で本格化「兄」バッハ トーン上がる上原厩舎

ショウナンバッハ
Photo By スポニチ

 【東西ドキュメント・美浦=18日】前夜の雨も上がり、春間近の陽気。北馬場へ向かう小田の歩様も軽かった。今週6頭出しの上原厩舎が勝負気配。前走驚いたのはキモンプリンス(中山土曜7R)だ。なんと最低16番人気でV。上原師に直撃すると「オーナーのコパさん(小林祥晃氏)マジックかな?お父さん(キモンノカシワ)の父がディープインパクトだから、最後に切れたのかも」とニコニコ顔。昇級したが、再び中山ダート1200メートル。また激走か!?同10Rのシャララは「ハンデ53キロも魅力」。同日曜6R新馬戦のロフティフレーズも「今はやりのロードカナロア産駒。スピードがある」と手応え。

 もちろん真打ちはAJC杯のショウナンバッハ。先週11日に坂路4F50秒7、17日は同51秒3の好時計。「7歳になって、本格化したね」と笑顔。「弟(キタサンブラック)も頑張ったから、お兄ちゃんにも何とかハクを付けたい。(再コンビの)戸崎君も絶好調だし、勢いを借りたいね」とトーンを上げた。家では長男の小田も“兄”を応援せずにいられなかった。 AJC杯

[ 2018年1月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:06月21日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース