【京都新馬戦】フェイバーV!3馬身差の完勝「今後が楽しみ」

[ 2018年1月7日 05:30 ]

京都6R新馬戦圧勝の古川騎手騎乗のサトノフェイバー(左端)
Photo By スポニチ

 京都6R新馬戦(芝2000メートル)良血馬が顔をそろえた一戦はサトノフェイバー(牡=南井、父ゼンノロブロイ)が先手を奪って突き放す強いレースぶり。2着に3馬身の差について古川は「追えばこうなるだろうな、と思った。逆にあれで伸びなかったらヘコむけどね。調教通りで今後が楽しみ」と余裕の笑顔だ。南井師は「スタートが速かったからね。これでも遊びながら走っている」と満足そうに回顧。次走は未定。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2018年1月7日のニュース