【京都金杯】ムーン剛脚V!武豊「今年もブラックの年に」

[ 2018年1月7日 05:30 ]

<京都金杯>直線逃げ切り勝利した武豊騎手騎乗のブラックムーン(手前)
Photo By スポニチ

 新年も武豊だ。昨年末、大一番有馬記念でのキタサンブラック感動ラストランが、ファンの記憶に新しい2018年。開幕重賞、京都金杯で今度はド派手な追い込みを決めた。

 道中じっくり最後方で構えたブラックムーンが初コンビの武豊に促され、3〜4コーナーで外を回ってポジションを上げていく。坂の下りで勢いをつけ、シビれるような手応えで直線へ。先行集団は完全に射程圏に入っていた。ゴーサインに反応して加速すると、一気に重賞初制覇のゴールへ。武豊はパートナーを絶賛する。

 「末脚がいいイメージだったので、そこを最大限に生かそうと。切れましたね。トップスピードが物凄く速い。決して展開が向いたわけじゃないけど力でねじ伏せてくれました」

 昨年のエアスピネルに続く、このレース連覇で通算4勝目。7日、引退式に臨むキタサンブラックを引き合いに出して「今年もブラックの年にしたいですね」と粋なコメントで報道陣をうならせた。

 レースを見届けた西浦師は元ジョッキー目線で「うまい!」と第一声。鞍上に賛辞を惜しまなかった。

 「仕掛けるタイミングが絶妙。テン乗りだからとか、そういうのは全く関係ないよ。いろいろ研究して乗ってくれるから、こちらは何も言うことがない。さすが日本の第一人者」

 次走は未定ながら最大目標は安田記念(6月3日、東京)。勝負のシーズンが最高の鞍上と最高の末脚で幕を開けた。

 ◆ブラックムーン 父アドマイヤムーン 母ロイヤルアタック(母の父ジェネラス)牡6歳 栗東・西浦厩舎所属 馬主・Him Rock Racing 生産者・北海道日高町タバタファーム 戦績24戦8勝 総獲得賞金1億9576万8000円。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「札幌記念」特集記事

2018年1月7日のニュース