【中山新馬戦】伏兵アトムアストレア快勝 北村宏「凄く素直で前向き」

[ 2018年1月6日 11:38 ]

 6日の中山3R新馬戦(ダート1800メートル)は、9番人気の伏兵アトムアストレア(牝=勢司、父タニノギムレット)が直線抜け出して快勝。勝ち時計は1分57秒7(良)。

 スタートを決めるとスムーズに好位3番手を追走。抜け出す脚も力強く、2着に2馬身差は文句なしの完勝だった。「凄く素直で前向き。最後までしっかり走ってくれた」と北村宏は称賛。勢司師も「良く頑張ってくれた。ジョッキーの位置取りが良かった。(走りが)アクションが大きくて前より上に行くようなところがあったが、今回は最後の伸びに繋がってたからひと安心。まだ幼いのでダートを使ったが、状態を見て芝も視野に入れていく」と目を細めた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2018年1月6日のニュース