【細原・騎手で獲る 特別編】6日中山11R タフな舞台で強さ発揮するブラックバゴで勝負

[ 2018年1月6日 08:00 ]

 “縁起重賞”金杯。今年の競馬運を占う意味でも、しっかりと結果を残したい。中山金杯(11R)は開幕週の京都とは違い連続開催の馬場。厳冬期の芝は回復が遅く、Cコース替わりで内側はカバーされても伸びてくるのは外を通った馬たち。昨年覇者のツクバアズマオーも馬場のど真ん中を豪快に突き抜けてきた。この時期の中山は一瞬の決め手よりも、パワーで押し切れる馬が狙い目になる。

 力のいる馬場で高いパフォーマンスを発揮するバゴ産駒ブラックバゴに◎だ。ホープフルS3着→京成杯2着と中山2000メートルは絶好の舞台。前走のアンドロメダSも重馬場の消耗戦を、重厚感のある末脚で差し切った。一時期は低迷が続いていたが、馬体に芯が入って昨年3勝と軌道に乗った。得意舞台で年明けから全開だ。馬券は3連単1着固定のフォーメーション。相手はセダブリランテス、ダイワキャグニー、レアリスタ、ウインブライト、デニムアンドルビー、カデナ、ケントオー。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2018年1月6日のニュース