【中日新聞杯】メートルダール豪快6馬身先着!重賞初Vを視野

[ 2017年12月7日 05:30 ]

 8月関屋記念12着以来のメートルダールは5F68秒2〜1F13秒2(強め)。アンヴェイルド(6歳1000万)を5馬身後ろから追いかけ、豪快に6馬身先着した。戸田師は「時季的に冬場が合うのか、重いチップでもいい動きだった。前走は逃げ馬が残る展開だったし、重賞だとマイルは忙しい気もした。2000メートルに戻し、ハンデ55キロも想定内で楽しみ」と重賞初Vを視野に入れていた。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2017年12月7日のニュース