【中日新聞杯】ロブソン 納得の1馬身遅れ「問題ない」

[ 2017年12月7日 05:30 ]

 土曜中京メイン「中日新聞杯」の追い切りが行われ、連勝で重賞2勝目を狙うマウントロブソンが、Wコースで石橋脩を背にバリングラ(3歳500万)と併せ馬。5F68秒5〜1F13秒7(強め)を計時。2馬身追走し、ゴール前は僚馬に1馬身ほど遅れたが「相手の方がしっかりやったせいもあるので問題ない。前走後は短期放牧を挟み、いい意味で平行線」と森助手は順調さをアピール。「ハンデは仕方ないが、中京2000メートルは合うと思う」とトップハンデ克服を願った。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年12月7日のニュース