【阪神JF】ディスタウン 精神面綿密ケア「トモに幅が出た」

[ 2017年12月6日 05:30 ]

阪神JFに出走するロックディスタウン
Photo By スポニチ

 無敗Vが懸かるロックディスタウンは北Cコース(ダート)を軽めのキャンターで6日の追い切りに備えた。佐竹助手は「先週しっかり追ったのでスイッチが入ってきている。テンションを上げさせないようにしている」と精神面をケアしながらの調整。札幌2歳S以来、3カ月ぶりの実戦となるが「トモ(後肢)に幅が出てきました」と成長をアピールしていた。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2017年12月6日のニュース