【京都ジャンプS】フィエスタ制す!植野好騎乗で重賞初制覇

[ 2017年11月12日 05:30 ]

植野を背に京都JSを制したマイネルフィエスタ(左)
Photo By スポニチ

 京都8Rの京都ジャンプS(J・G3)は4番人気のマイネルフィエスタがV。14年5月以来、3年6カ月ぶりの勝利が重賞初制覇となった。レースは序盤でミヤジタイガが落馬するアクシデント。その隙にタマモプラネットが後続を突き放して逃げ。粘り込みを狙うところを内からフィエスタが頭差捉えた。植野は「相手はタマモだけだと思ったので早めに動いた。追ってからしぶとかった」と笑顔。中村師は「具合が良かったし、今日はジョッキーの好騎乗だね」と人馬の奮闘を称えた。

 ◆マイネルフィエスタ 父シンボリクリスエス 母フェリアード(母の父ステートリードン)牡7歳 栗東・中村厩舎所属 馬主・サラブレッドクラブ・ラフィアン 生産者・北海道新冠町タニグチ牧場 戦績34戦4勝(うち障害25戦3勝、地方2戦1勝) 総獲得賞金1億1112万8000円。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年11月12日のニュース