【AR共和国杯】ミロティック 叩き2戦目で気持ち衰えなし

[ 2017年10月31日 05:30 ]

 実績馬のカレンミロティックは11カ月ぶりの前走・京都大賞典を使って、叩き2戦目。高阪助手は「休み明けは硬さがある馬だけど、今はいい感じ。気持ちも衰えていないよ」と上積みをアピールする。とはいえ9歳馬で、昨夏以降は惨敗続き。「長距離輸送も苦手だしね。ハンデは何キロぐらいかな。この年だし、52キロ(決まったのは57キロ)ぐらいにしてくれないかな」と冗談交じりに口にした。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2017年10月31日のニュース