【香港国際競走】日本馬5頭選出!キセキ&ダイヤはヴァーズに

[ 2017年10月27日 05:30 ]

 12月10日の香港国際競走(シャティン)に日本馬5頭が選出されたことが26日、明らかになった。先週の菊花賞を制したキセキ(牡3=角居)は香港ヴァーズ(芝2400メートル)に選出。この日、栗東近郊の吉澤ステーブルWESTに放牧へ。角居師は「受諾するかどうかは放牧先でいったん緩めて状態をチェックしてからオーナーと相談します」と語った。

 凱旋門賞15着サトノダイヤモンド(牡4=池江)も香港ヴァーズに選出。池江師は「選択肢の一つとして登録しましたが、遠征するかどうかはオーナーと相談します」との見通しだ。天皇賞・秋出走馬からサトノアラジン(牡6=池江)が香港マイル(芝1600メートル)、ネオリアリズム(牡6=堀)とリアルスティール(牡5=矢作)が香港カップ(芝2000メートル)に選出された。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2017年10月27日のニュース