【天皇賞・秋】ルメール 距離延長歓迎ソウル「前走よりいい」

[ 2017年10月27日 05:30 ]

ソウルスターリングの追い切りを終え、話し合う藤沢和調教師(左)とルメール
Photo By スポニチ

 ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、天皇賞・秋に出走するソウルスターリングに騎乗するルメールを直撃した。

 ――ソウルスターリングの最終追いの動きはいかがでしたか?

 ルメール 力強いフットワークで休み明けだった前走より状態は良くなっていると感じました。

 ――その前走ですが、1番枠のせいか、スタート後、少し出していった?

 はい。逃げ馬がいなかったから絶対にペースが遅くなると思いました。最内枠でかぶされて後ろになったらノーチャンスと思い、ポジションを取りに行きました。逃げたくはなかったのですが、久々で気負っていたこともあり、ちょっと掛かってしまいました。

 ――その分、最後は伸びを欠いた。

 はい。早めに外からプレッシャーをかけられてしまったし、最後は瞬発力の差になってしまったので、伸びずにかわされてしまいました。

 ――今回は1F延びて2000メートルになります。

 彼女はスタミナのある馬です。前走の1800メートルは正直少し短いと感じていました。距離延長は歓迎材料です。

 ――週末はまた道悪になる可能性がある。

 正直、そこだけは少し心配です。桜花賞の時も馬場が悪かったせいか、何度も手前を替えてバランスがあまり良くありませんでした。できたら良馬場で走らせてあげたいです。

 ――3歳牝馬に厳しい戦いも予想されます。

 彼女がオークスを勝った時はメッチャ強かった。あのポテンシャルなら通用しておかしくないと思います。

 ――以前、藤沢和厩舎の3歳牝馬ダンスインザムードで2着しました。

 はい。藤沢和先生は馬のことをよく知っている素晴らしい調教師です。藤沢和先生の判断なら大丈夫だと思うし、実際、僕も自信を持っています。ソウルスターリングならダンスインザムード以上の走りをしてくれて不思議はありません。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2017年10月27日のニュース