【菊花賞】バローズ 1馬身先着1F12秒6!上積みアピール

[ 2017年10月19日 05:30 ]

Cウッドで追い切るアダムバローズ(左)
Photo By 提供写真

 アダムバローズはCWコースで2週続けて併せ馬を消化した。アストロノーティカ(3歳500万)を追いかける形。直線で内に入ると、スッとかわして1馬身先着。6F81秒9〜1F12秒6をマーク。動きを見届けた角田師は「調教はよく動くからね。1回使って、息の入りも良くなっています」と上積みをアピール。切れるタイプではないだけに「スタミナ勝負になった方がいい。道悪の方がいいかな」と週末の雨予報を歓迎していた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年10月19日のニュース