【菊花賞】ブレスジャーニー 1年ぶり実戦へ「無理せず走ってくれれば」

[ 2017年10月16日 15:35 ]

 ブレスジャーニー(牡3)は重賞2連勝を飾るも右橈骨(とうこつ)骨折が判明。その後、栗東の佐々木厩舎に転厩し今回はおよそ1年ぶりの実戦になる。1週前追いはCWコースで6F80秒7の好時計。久々を感じさせない力強い動きをみせた。「入厩当初に比べ、トモに張りが出てしっかりとしてきた。定期的にレーザーをあてて患部をケア。まだダグ(速歩)ではフラフラしているが、稽古は動いている。ポテンシャルは相当高いと思います」と高木助手。「環境の変化に戸惑うことなく精神面もしっかりしている。今回は久々なので無理せず走ってくれれば」と控えめに話した。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2017年10月16日のニュース