【東京新馬戦】ギャンブラー 人気に応え3馬身差の完勝!

[ 2017年10月16日 05:30 ]

雨中の新馬戦を制したギャンブラー(15)
Photo By スポニチ

 東京4R新馬戦(芝1800メートル)は好位から抜けた1番人気ギャンブラー(牡=斎藤誠、父ハービンジャー)が、2着カヴァルに3馬身差をつける完勝で初陣を飾った。鞍上の石橋は3Rに続いて新馬戦を連勝。「スタートをうまく出て、いい位置に入れたし、4角の手応えも良かった。最後もよく伸びている」と評価した。次走は未定。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2017年10月16日のニュース