【府中牝馬S】ミスターX ヴィブロス 雨予報も全く問題なし

[ 2017年10月14日 05:30 ]

 東京11R・府中牝馬Sはヴィブロス。ドバイターフ(1着)を見れば、国内の牝馬限定G2では役者が違うと思わせる。初の海外遠征だったその前走は、先日の凱旋門賞出走ザラックなど世界の強豪が集った一戦。道中は後方のインを追走し、直線では前に馬群がある状況だった。それでも外に進路を見いだすと、グングンとライバルたちを追い抜いてV。当日の緩い馬場&馬群でへこたれない精神力を見れば、今日の雨予報に1番枠も全く問題になりそうにない。

 ここは半年以上の休み明けとなるが、友道師は「去年はお姉ちゃん(ヴィルシーナ)と比べてまだ小さかったけど、今は背も伸びてそん色ない体つき。しっかりしてきたね」と身体的な成長をアピールする。前走の加速力をすれば、東京の長い直線は大歓迎。大きな不利でもなければ、崩れるシーンは考えにくい。馬単(1)から(3)(4)(7)(10)(11)へ。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2017年10月14日のニュース