【府中牝馬S】トーセンビクトリー 状態良化もコース相性が鍵

[ 2017年10月11日 05:30 ]

 札幌のクイーンSでアエロリットの2着に食い込む力走を見せたトーセンビクトリー。【0・0・0・3】と結果が出せていない東京だけにコース相性が鍵になる。辻野助手は「ここを目標に調教のペースも上げてきました。コース的に府中はどうかという気もしますが、状態に関しては前走より上だと思います」と力強い。今日坂路の最終追い切りに注目だ。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2017年10月11日のニュース