【府中牝馬S】アスカビレン“敵は選挙カー” 中沢厩務員「何で今、解散するかな」

[ 2017年10月10日 14:28 ]

アスカビレン
Photo By スポニチ

 昨年の府中牝馬Sで4着に健闘したアスカビレン(牝5=中尾)が、年を1つ重ねて“今年こそ!”と2年連続の参戦だ。ところが、いつも元気が取り柄の担当・中沢厩務員のトーンがイマイチ上がらない。ヴィブロスやアドマイヤリード、クイーンズリングといったG1馬が参戦するからか!? いや、違う。衆議院議員選挙が公示されたからだ。

 「この子、選挙カーの音に弱いねん。3歳のフローラSで東京に行った時も、市議会議員の選挙かなんかがあって、レース前日に東京に着いてから、カイバを食べへんかった。選挙カーから聞こえる演説を気にしてたんやわ…」

 中京記念が4着、京成杯オータムHが6着。牡馬相手にも健闘してきただけに、牝馬同士なら勝ち負けを期待したくなるが…。中沢厩務員は「何で今、解散するかな…」と安倍首相に恨み節。何はともあれ、当日の馬体重が大きく減っているようだと、割り引きが必要だ。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2017年10月10日のニュース