【盛岡・南部杯】コパノリッキー連覇!史上最多タイG1通算10勝目「大した馬」

[ 2017年10月9日 16:44 ]

 ダート交流G1「第30回マイルCS南部杯」(ダート1600メートル)が9日、盛岡競馬場11Rで行われ、田辺裕信騎手騎乗のコパノリッキー(牡7=村山厩舎、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ)が優勝した。

 コパノリッキーは同レース連覇。先行集団で手応えよく追走すると、逃げるノボバカラを直線半ばで捉え先頭に立ち、そのまま4馬身差をつけて圧勝した。2着はノボバカラ、さらに首差の3着にはキングズガードが入った。

 これでG1通算10勝目。日本競馬史上初のG1・10勝をマークしたホッコータルマエに並ぶ記録となった。鞍上の田辺はコパノリッキーとのコンビでG1・5勝目。

 ▼田辺の話 大した馬ですね。記録がかかっていたのでプレッシャーは感じていました。馬を信じて普通に乗ってきただけです。(休み明けの影響は?)ゲートで少し動く馬なので落ち着いていたのが良かったです。スタートがよく、希望通りのポジションが取れました。十分脚をためられたので、(直線でも)止まらないと思いました。強いですね。(G1・11勝目も)期待していいと思います。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年10月9日のニュース