【ジョッキーベイビーズ】東北・新潟代表、加藤君が差し切りV

[ 2017年10月9日 05:30 ]

第9回ジョッキーベイビーズで優勝した東北・新潟地区代表の加藤君(右)
Photo By スポニチ

 小、中学生による全国ポニー競馬選手権「第9回ジョッキーベイビーズ」が8日、最終12R終了後の東京競馬場(芝直線400メートル)で行われた。地区予選を勝ち抜いた8人で争われ、東北・新潟地区代表の加藤雄真(かとう・ゆうま)君(12)が接戦を制して優勝。昨年3着のリベンジを果たした。

 出遅れも何の。冷静にポジションを押し上げると、外から早めに抜け出した後藤蒼二朗君騎乗のヒメをゴール前できっちり差し切った。パートナーの栗姫の首筋をなでた後に、右手を高々と突き上げて堂々たるウイニングラン。加藤君は「スタートはグチャグチャになったけど、馬が落ち着いてくれた。今年こそは優勝したいと思っていたので良かった」とニッコリ。父は会社員で親戚に競馬関係者はいないが、「将来は騎手になって日本ダービーを獲りたいです」と力強く宣言していた。

続きを表示

この記事のフォト

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2017年10月9日のニュース