【万哲の乱 特別編】7日東京10R 喉治療効果でタガノアシュラが独り旅

[ 2017年10月7日 08:00 ]

 先週、ウインズ津軽で実施した「スプリンターズS&南部杯予想会」は多くの方にご参加いただきました。心よりありがとうございます。たくさんの温かい励ましと、モチモチした「黒石やきそば」を堪能し、今年残り3カ月の活力を注入しました。ちなみにご一緒した井上オークスさん。スプリンターズSはワンスインナムーンの単勝馬券を握りしめて絶叫。結果は…。(複勝でも350円)。単勝一本勝負が勝負師らしい潔さ(感心)。もっとも小生は一度も声が出ず。南部杯でリベンジあるのみ。

 心機一転。東京&京都の開幕。東京10R・本栖湖特別は◎タガノアシュラの大逃走に託す。現地観戦した函館新馬戦(16年7月)のレコードVが忘れられず、深追い気味に狙い続けてきたが、休養前の青葉賞(10着)の頃は喉が鳴っていたとのこと。治療して立て直しての始動戦。展開利はあったとはいえ、2月すみれS(2着)でキセキ(3着=菊花賞の有力候補)を封じた逃げ脚をもう一度見直したい。開幕週だけに、内ピッタリの“イン逃げ”は定石。雨で後続差し馬の瞬発力が鈍れば、軽ハンデ53キロを味方に逃げの一手。

 《もうひと押し》東京5R・新馬戦は◎グッドジュエリー。先週の中山(芝1200メートル)を除外になっての1週スライド出走。堀井師は「バネが利いたいい走りをする。動きも先週より良くなっている」と好感触だ。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年10月7日のニュース