【函館2歳S】“超遅生まれ”キタノユウキ、使った上積み十分

[ 2017年7月18日 05:30 ]

6月20日“超遅生まれ”のキタノユウキ
Photo By 提供写真

 キタノユウキは芝1000メートルの新馬戦をしぶとく逃げ切った。荒木助手は「まだ体が緩くて、初戦は能力だけで勝ってくれた。中間は気も入ったし1回使った上積み大きい」と手応え。

 芝1000メートルV組は苦戦傾向だが「ゆったりと走れる馬で距離は延びてむしろいいと思う。競って根性を出すので控える競馬も大丈夫」と1F延長克服に前向きだ。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年7月18日のニュース