【中京記念】昨年3着馬ケントオー、放牧明けて良化一途

[ 2017年7月18日 05:30 ]

 昨年3着ケントオーは2年連続参戦。3月末の六甲S3着後は放牧へ。それ以来の実戦になる。

 高橋一厩務員は「休養前は馬が少し硬くなっていました。放牧から早めに帰厩して、このひと月でだいぶ良くなってきましたよ。1週前はジョッキー(太宰)に乗ってもらって坂路で好時計(4F51秒1〜1F12秒7)。もう1本サッとやって仕上がりそう」とみていた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年7月18日のニュース